ニュース

夢や希望を育て未来を築く教室を行いました

 7月12日(木)の6限目に進学科創造科学コース2年生の生徒を対象に、「夢や希望を育て未来を築く教室」を行いました。
 「仕事を通して誰かの役に立つ事」というテーマで、タニコー株式会社 代表取締役社長の谷口秀一氏にご講演いただきました。
 講演では、「神戸のステーキ店(お客様)に厨房を納入した事例」をもとに、単純に商品を売るという事だけではなく、お店・お客様にとっての事業的な成功に貢献できることの素晴らしさを通して、世の中の役に立つための仕事をする大切さを、映像や写真も交えながら語っていただきました。
講演後、生徒からは「仕事をする上での心構えは?」など、たくさんの質問が飛び出し、ひとつひとつ丁寧にお答えいただきました。
 最後に生徒を代表して進学科2年出口啓斗さんが今回の講演で仕事はお金を稼ぐためだけではなく人のために働く事が大切ということを学び、今後自分たちが社会人になったときに忘れずに社会に貢献していきたいです、とお礼の言葉を述べました。





ページトップへ