学校感染症による出席停止、証明書等について

下記の感染症にかかった場合は、学校保健安全法第19条に基づき出席を停止(欠席扱いとしない)となります。
医師より許可があるまでは療養していてください。

学校感染症および出席停止の基準

学校感染症 出席停止の基準
インフルエンザ 発症後5日を経過し、かつ、解熱後2日
百日咳 特有の咳の消失、又は、5日間の適切な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻しん 解熱後3日
流行性耳下腺炎 耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
風疹 発疹の消失
水痘 すべての発疹の痂皮化
咽頭結膜熱 主要症状消退後2日
結核 学校医その他の医師において
感染の恐れがないと認めるまで
流行性角結膜炎
その他の感染症(例:感染性胃腸炎、マイコプラズマ感染症、溶連菌感染症など)

手続き

  1. 医師より感染症と診断されたら、学校(担任)にご連絡ください。
  2. 医療機関で「学校感染症罹患証明書」を作成してもらい登校時に担任にご提出ください。
    ※インフルエンザの場合は、医療機関で作成される「学校感染症罹患証明書」または保護者が記入する「インフルエンザ罹患報告書」のどちらかをご提出ください。
  3. 用紙は本ページよりダウンロードいただけます。
ページトップへ