福井高等学校

衛生看護科

衛生看護科

衛生看護科

DIPLOMA POLICY
卒業までに身につける能力

病院の医師、看護師から直接講義を受けることで、専門知識や技能の習得だけでなく、学習に向かう意欲のある人材を育成します。また、臨地実習を定期的に行い、コミュニケーション能力やボランティア精神を培い、またその実習内容のレポート作成において、課題に対して自ら解決策を見出せることのできる人材を育成します。

CURRICULUM POLICY
教育課程の編成と達成目標

  • 5年一貫の看護師養成課程を設定、高等学校課程では看護の基礎知識を徹底的に学び、専攻科課程では臨地実習を中心に行うことで、優秀な看護師を育成します。
  • 病院や保育園、介護施設などにおいての臨地実習を多く実施し、コミュニケーション能力やボランティア精神を養います。
  • 特別授業、個別指導を充実させることによって、現役での看護師国家試験合格100%を目指します。

在校生インタビュー

幼い頃から人の笑顔を見るのが好きで「誰かの役に立ちたい」という思いが強かったので、看護の道を志しました。看護は専門性の高い学科ですが、先生方の明瞭な解説で正しく理解できています。クラスメイトとは技術テストの時などお互いにアドバイスし合い、様々な面で支え合っています。今後も知識や技術を習得し、実習などで豊富な経験を積み、心に寄り添える看護師を目指します。

衛生看護科 2年/
谷口 奈津実 [ 松岡中学校出身 ]